衣・食・住・祭・場・音の手作り、オーガニックな生活を実践する道草屋。 海と山に囲まれた風の村で、暮らしのための、遊びのための、 あらゆるものを生み出しながら、旅するように暮らす日々を送っています。 ウェブショップ→


道草屋も参加しているフリーペーパーユニット「はっぱ新聞」
バックナンバー

● 雑貨とカフェ 道草屋 ●
営業時間
 完全予約制です。
 2日前までのご予約お願いします。
アドレス
 和歌山県美浜町三尾1721-2
電話
 0738-20-2278
カフェメニュー
 コチラ


子連れバックパッカー、マレーシアの旅③うまいもん編

2017年 03月 01日

d0109335_1245757.jpg

もぐもぐ。
虹葉は食べてるとこが似合うね。
マレーごはんは小さい子には辛いのが多いので、「ゆかり」と「のりたま」を持参してました。
d0109335_1228473.jpg

d0109335_1274921.jpg

d0109335_12314082.jpg

マレー系のナシチャンプル。
自分で、ごはんをよそって、おかずを取っていきます。
値段は決まってるのか決まってないのかわからないけど、
おかず3種くらい取って7RM〔210円)くらいかなぁ。
たまによくばると、高くてびっくりする。すべてはレジ係りのお姉さん次第。
d0109335_1239371.jpg

ナシレマ。
ココナッツで炊いたごはんに辛いおかずがちょびっとのってる。
(ココナッツの香りはほとんどない)
1RM(30円くらい)
こばらがすいたときとか、これに他のおかずを乗っけてたべる。
お持ち帰りにすると、こういう風に紙でくるくるっと巻いてくれる。
これを日本でもやりたくて、紙を買ってきたけど、なかなかうまくできません。
マスターするのが長年の夢。
d0109335_128117.jpg

インド系の店。
子どもに大人気のロティチャナイ。
「ロティチャナイたべにいこー!」とよく言ってた。
うすーく伸ばした生地(タイのバナナパンケーキみたいなの)を焼いて
焼き上がりを重ねて、縦と横からバンバンと叩く。
パイ生地みたいに層になっててとにかくうまい。
1枚1,2RM(30円くらい)でダルカレーが付いてくる激安っぷりで
私たち家族で7枚くらい頼んでお腹いっぱい。
朝と夕方だけ食べれます。
バナナ入りと、練乳がかかった甘いタイプもあるけど、ダルカレーが付いてくる。
d0109335_12144689.jpg

d0109335_12145738.jpg

ナシアヤム。
ローストチキンとチキンスープで炊いたごはんと、チキンスープ。
カオマンガイみたいやけど、サンバルがついているマレーバージョン。
いろんなとこで食べたけど、
クアラルンプールのチャイナタウン、「パサールスニ」バス停前の角にある店のが一番うまかったなー。
d0109335_12181897.jpg

d0109335_1218307.jpg

中華系のナシチャンプル。
辛いのもなく、子どもも食べやすい。
マーボー豆腐とか、たまご豆腐とか、青菜の炒めものなんかホッとする味。
d0109335_12214135.jpg

シュウマイいろいろ。
蒸篭が置いてある店には必ずシュウマイ。
どこで食べてもうまい。
シュウマイって日本語で、なぜかめっちゃ通じる。
「シュウマイあるかな~?」
「あーここに入ってるよー」となる。
d0109335_12234981.jpg

土鍋の炊きこみごはん。
d0109335_1224645.jpg

麺系も充実してます。
ワンタンメンが子供らに人気で、よく食べてた。
清湯面(シンユンメン)というのが、日本のラーメンぽい感じ。
たいだいどこで食べても、麺系は量が少なめやけど、ペナン島のんはなぜかおおもり。
d0109335_12324968.jpg

定番ナシゴレン。
マレーシア風、中華風とかいろいろタイプがある。
魚の干物を細かくしたのが入ってたり、カリカリにあげた小魚がのってたり
インドネシアのナシゴレンとはちょっと違う感じ。

「ほっ」と。フォトコンテスト
[PR]
# by mitikusaya | 2017-03-01 13:08 | 道草たび | Comments(0)

子連れバックパッカー、マレーシアの旅②クアラルンプール編

2017年 02月 28日

d0109335_10375458.jpg

さて、出発の日。
旅の無事を祈って、龍王神社にお参り。
私たちが住んでいるところは、その昔、カナダに移民した人が多く
旅の無事を祈って、お参りしたのが竜王神社だそう。
d0109335_1037582.jpg

d0109335_10371158.jpg

飛行機、騒ぐチビーズのために、お絵かき帳とクレヨン、シールブックとお菓子とおにぎりを準備。
よく和歌山と大阪を行ったり来たりしているので、4時間はだいたい大人しくできるということがわかった。
おもしろいことに、移動の体内時計がそんな感じなのね。
旅の間も4時間を目安にバスのったり、電車に乗ったりしていました。
マレーシアまで6,7時間かかるので、最後は騒ぎながら到着。
ふと窓際のひでくんと、いじょをみると2人で読書中!大人っぽい!
こっちはわちゃわちゃしてるのに、なんてこった!
d0109335_1048718.jpg

なんとか到着。寒くないだけでしあわせ。
だらだら汗をかく感じでもなく、過ごしやすい暑さ。
d0109335_10481532.jpg

気分がのってるときのオネエ。
虹葉をおんぶしてくれてます。たすかるわ◎
町ゆく人にえらいね。と言われうれしそう。
d0109335_1113393.jpg

子どものペースに合わせながら、ちょいちょい休憩はさみつつ
屋台で食べ歩きしたり、市場やら、なぜかインド人街をうろうろしてました。

クアラルンプールのお宿はチャイナタウンにある、oasis guest house
トリプルルームの部屋があって、2段ベットとシングルが置いてある部屋だったので
5人家族でも平気でした。
最初のお部屋は窓なしで、日本では半分外みたいな暮らしをしているからちょっときつかったけど
ええ感じの屋上あり。
4階はキッチンとフリースペースで、でかいテレビで「ちびまるこちゃん」みたり
おもちゃも置いてありました。
後で泊まったダブルの部屋は、窓ありで、ダブルベットにエキストラベットを貸してもらいました。
d0109335_10511926.jpg

d0109335_10513166.jpg

oasis guest house
◎トリプルルーム65RM(1800円くらい)、ダブルルーム45RM(1200円くらし)
ファン トイレ、水シャワー共同
wifi、キッチン付、フリーコーヒー・ティー
d0109335_12482056.jpg

電車、モノレールも充実して、フリーバス(乗りこなすと楽ちんも走ってます。
[PR]
# by mitikusaya | 2017-02-28 11:21 | 道草たび | Comments(0)

子連れバックパッカー、マレーシアの旅①

2017年 02月 26日

子連れバックパッカー、
1ヶ月のマレーシアのたびから、帰国しました。
d0109335_2393970.jpg

空港到着そうそう、雨種と虹葉があちらこちらへ走っていって、てんやわんや。
見知らぬ国で、さてさて、これからどこへ、どういう風に向かおうか。
あの旅特有の空気の中で、あちらこちらへ行かれるとたまらんー。
ひとまず、虹葉は1年ぶりくらいのおんぶ紐で背中にくくりつけて進もう。
今回のたびで少し大人になった私たちは、到着日のホテルを予約して(前日にやけど)出発しました。
これはとっても楽ちんだった。

マレーシアは
マレー系、中華系、インド系の人々が暮らす国。
ごはんも多種多様で、飽きないし、日本に帰って食べたいものは?と聞かれても思いつかないくらい。
市場のフルーツにまで値段がきちんと書かれてあるし
バス移動も快適。公園もたくさんあるし、
子ども好きの人々は、両手にあふれんばかりのあめちゃんをくれたり
フルーツくれたり、屋台のデザートでけんかしてたら、買ってやれとお金をくれたり
子連れにはとっても旅しやすい国でした。

旅というより、暮らしをしたい道草屋のたびは、
観光はぜず、市場やスーパーや生活雑貨の店を見つけると燃える日々。
お目当てのかわいいもんは、なかなかなくて、
マレーシアをほぼくるりと一周してきました。
食材系は買いこんできたので、気分も新たにナシチャンプル屋さんができそうです。
ごはんの仕事をはじめてからの旅は、目先が変わってやはりたのしい。
これは何が入ってるんだろう~?時には、カフェのキッチンに入らせてもらったり
もぐもぐの旅。
d0109335_2319131.jpg


旅の前半は、前回のたびより、おませになった9歳いじょが
「あそこには行きたくない」とか「雨種だけ抱っこしてもらってずるい」とか
「もう移動したくない」「あれは食べたくない」とかなかなか大変。
マイナスオーラでまくりで
道端に座ってお説教すること数回。
けんかはたくさん。
嫌な空気になって、なにもせず夕方まで宿にいたこともあったし
私だけ先に帰ったこともあったし。
どうしたら、家族みんなでバランスよく、一緒に楽しくなれるかいっぱい考えたけど
年頃の娘を旅をするのは大変やな~~
荷物を持ってくれたり、下の子らをあやすのは上手やし、頼りになるときはなるんやけどなー。
最終的には、マレー語も少し覚えて、ちょっと遠くまで買い物にもいけてたし
少しは成長したかなぁ。
4歳雨種は、歩きたくなくて重たいし
2歳虹葉は、歩きたいけど、危ないし。
d0109335_231935100.jpg

なんやかんやあっても
かーちゃん的には、掃除しなくてよいし、ごはんつくらなくてよいし
ごはんこぼしてても、お店の人にごめんねーって言って「子どもやし当たり前だ。ノープロブレム!」と言われ
後片付けしなくていい日々は最高です。
ずっと旅していたい気分。
日本人の子連れバックパッカーは珍しいねってよく言われるけど
意外と大丈夫やし、どんどん旅に出てみてほしいなー。

旅日記などちょこちょこ書いていく予定です*
d0109335_2392583.jpg

[PR]
# by mitikusaya | 2017-02-26 23:21 | 道草たび | Comments(0)

3月4日はカカオws@ニコノパンです。

2017年 02月 26日

22日にマレーシアから帰国したこんがり道草屋です。

もう来週ですが、3月4日(土曜日)のカカオws、
若干空きがあります。
ボールに残ったチョコをパンでこそげとるのが
シフクの時。
ニコノパンさんとカカオws、幸せコラボです。
暖かくなると、チョコが固まり辛くなるので、
今シーズン最後のwsです。

気になっていた方この機会にぜひどうぞ★
https://www.facebook.com/events/1514710558569402/
d0109335_180220.jpg

[PR]
# by mitikusaya | 2017-02-26 18:01 | 道草しゅっちょう | Comments(0)

「カカオからチョコをつくろう」道草屋のワークショップ

2017年 01月 20日

★毎年はっぱまつりに出店してくれている
私の大好きなパン屋さん「ニコノパン」とのコラボ第一弾です!!カカオwsなので、チョコをつかったもの用意してくれるらしいです。2部制で、午前の部はランチ、午後の部はデザート付きです。
カカオの香りただよう中で、おいしいものいただきましょう~。
d0109335_21375216.jpg

メキシコのカカオを炒って
皮をむくところから始まる道草屋のチョコ作り。
市販のチョコレートとは違う
カカオそのものの味をお楽しみくだい***

◎日程:3月4日(土)
◎料金:2600円
◎時間:{午前の部}10時30分~12時30分
     サンドイッチ、スープ、サラダのプレートランチ付

    {午後の部}14時~16時
     フレンチトーストやタルトのプレート付

◎場所;ニコノパン2F
https://www.facebook.com/niconopan/

〒590-0904 大阪府堺市堺区南島町2丁59-1
niconopan@gmail.com

◎定員:各7名様
(長屋の2階のため、小さいお子様はご遠慮ください)
◎持ち物:持ち帰り容器、エプロン、
チョコに入れたいトッピング(あれば)


★ご予約お問い合わせはコチラ(返信遅くなるかもしれませんのでご了承ください)
道草屋
mitikusaya@hotmail.co.jp
(電話は2月22日以降)
0738-20-2278
[PR]
# by mitikusaya | 2017-01-20 21:35 | 道草だより | Comments(0)



食うもの着るもの使うもの、なんでも手作りの道草屋。和歌山美浜町で自給暮らしをしながら、カフェとザッカ屋営んでます。
by 道草屋
■出店、ワークショップの
     ご依頼はこちら↓■
 mitikusaya@hotmail.co.jp
 0738-20-2278

■ホームページ■
道草屋

■”カラコル”■
旅や自給暮らしから生まれたメッセージと軽くてチープなウクレレボーカル。道草屋も参加してます。

■2ndアルバム「おなかtoたび」発売中■
全10曲セルフレコーディングで録った自給暮らしの空気感じる1枚。
視聴はこちら↓
カラコル 「まな板上の世界」

■1stアルバム「光の豆」■
視聴はこちら↓
カラコル 「光の豆」
カテゴリ
全体
道草だより
道草商品
道草しゅっちょう
道草せいかつ
道草たび
道草野菜
道草カフェ
メキシコで子育て。
メキシコ、サンクリのいろいろ。
道草おきにいり
メキシコで出産。
道草屋づくり。
道草子育て。
道草マーケット
アクセス方法、地図
はっぱまつり
道草屋:レシピ
道草保存食のお店
プライベート出産。
未分類
記事ランキング
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
お気に入りブログ
お山カフェとやまびこのくらし
まどかふぇ日記
Love Joy Diary
misitiaおろし屋。...
ブログジャンル
画像一覧


produced by 道草WEBデザインカンパニー