衣・食・住・祭・場・音の手作り、オーガニックな生活を実践する道草屋。 海と山に囲まれた風の村で、暮らしのための、遊びのための、 あらゆるものを生み出しながら、旅するように暮らす日々を送っています。 ウェブショップ→


道草屋も参加しているフリーペーパーユニット「はっぱ新聞」
バックナンバー

● 雑貨とカフェ 道草屋 ●
営業時間
 完全予約制です。
 2日前までのご予約お願いします。
アドレス
 和歌山県美浜町三尾1721-2
電話
 0738-20-2278
カフェメニュー
 コチラ


子連れバックパッカー、マレーシアの旅⑩旅の手仕事

2017年 03月 25日

いつも旅には遊び道具。
手仕事道具を持っていきます。
荷物が増えてもいいんだ!

3年前、インドネシアにいったときはラフィアを持参して麦わら帽子をつくった。
その昔は、マクラメのセットを持ち歩き編みまくっていたなぁ。
今でも道売りの人をみると憧れちゃう。
夫婦でええなぁと眺めていると
「俺なら、タイでつくってマレーシアで売るわ」とひでくん。
今さら、なんの話や。
d0109335_18194252.jpg
今回はウクレレと、刺繍をするためのセットを持参。
ひでくんは木彫りのセットと、なぜかムビラ。
弾いてるとこ2回くらい見たかな。
d0109335_18025342.jpg
合間合間にちくちくっと。
みっちり縫うのは初めてやったけど、意外とたのしいな。
マレーシアのビーチで拾った貝を組み合わせてみました。
d0109335_18104222.jpg
マレーシアのリサイクルショップでスカート(日本製)を買って、ちくちく刺繍。

d0109335_08054217.jpg
貴重品ベルト。
これは15年くらい使ってるかなぁ。
タイのカオサンで買いました。
もともとペラッペラの生地で旅の途中に破れては、刺し子しまくりながら使っています。
今や、パスポートを5冊運んでくれる優秀な旅のお供。
d0109335_08072071.jpg
■番外編■

これは、旅するリュック。
幼稚園の遠足にいく私にためにお母さんが作ってくれた
サラダのリュック。
かれこれ30年以上も前のはなし。
小さいいじょの背中に背負われてメキシコに。
小さい雨種の背中に背負われてインドネシアに。
そして、虹葉に背負われてマレーシアに行ってきました。

レタスのとこももうボロボロやけど、かわいいやつ。


[PR]
# by mitikusaya | 2017-03-25 08:05 | 道草たび | Comments(0)

子連れバックパッカー、マレーシアの旅⑨買い付け編

2017年 03月 24日

道草屋、旅の本来の目的である買い付け。
そもそも旅先をマレーシアに決めた理由は、
マレー語によく似ているインドネシア語を少し話せるからということと、
おいしいものを食べたい。
ナシチャンプルのかごを買いにいきたいから。
しかし、マレーシアは乙女ゴコロをくすぐるかわいいもんがほとんどない!
たまに会う日本人女子に聞いても「ないよー」と。
かごみたいなクラフト感あるものはほぼないし、
○○クラフトセンターみたいなところにいって、がっかりすること数回。
やっぱり先進国なんだなぁと思う。
エアアジアの帰りの便、預け荷物を2個増やしたのに、増やさんでもよかったなぁ。

そんなギリギリの中見つけたかわいいもん数個。
d0109335_07310738.jpg

◎竹のとり笛。

びっくりするくらい大きな音でガーガー鳴ります。
選ぶために吹きまくる大人と、

遊ぶために吹きまくる子ども、

お土産屋さんにいやな顔される。

d0109335_07312256.jpg
◎ぞうさん印の天然ゴム、ビーチサンダル。fipper。
(和歌山では水セッタという)
歩きやすそうで、夏が待ち遠しい。
微妙に大きさが違うので私が全部試し履きして
なんとなく23~24サイズくらいで何個か買い付けてきました。
d0109335_18015194.jpg
◎蚊取り線香たて
リサイクルのブリキでできた、蚊取り線香たて。
持ち手もついていて、うろうろできるね。
こちらは夏が待ち遠しいのか、待ち遠しくないのか。
d0109335_07311750.jpg
◎グラメラ、ココナッツのお砂糖。
ココナッツの葉っぱできちきち丁寧に包んであってかわいい。
サトウヤシの実をもいで、切り口をいれて、吊るしておいて
ポタポタ落ちてくる汁をコトコト何時間も煮詰めて、型に流して固めるとグラメラ完成
らしいです。
固まりを刻んで黒糖みたいに使えます。
荒く刻んで、焼き菓子なんかに入れてもおいしいよ。


★イベント出店などに持っていきますが、気になるものがある方はコチラまで→
mitikusaya@hotmail.co.jp



[PR]
# by mitikusaya | 2017-03-24 18:07 | 道草たび | Comments(0)

はっぱ新聞★スポンサー募集中!!

2017年 03月 23日

d0109335_08452568.jpg

道草屋も参加しているフリーペーパーユニット「はっぱ新聞」
2015年から細々と発行しています。
手作り、旅、自給自足、農、音楽・・・・旅人と百姓と創り人によるフリーペーパーです。

今まで安く印刷させてもらってたのが、事情があってできなくなってしまったので
この度スポンサーを募集します!!!
今までは100部しか刷っていなかったので、
少ししか配れていなくて目にしたことがある人がいるのか!?という感じなのですが、
出店のときに持っていったり、少しずつお店に置かせてもらったりしていました。
次号から500部、年4回発行予定です。

こんなこと書いてます。
◎バックナンバーはこちらから→
vol.1  vol.2 vol.3 vol.4

①通常スポンサー
ウラ表紙に7cm×7cmぐらいの広告が載せれます。
一口1200円

②送料スポンサー
各記事のはしっこに文章の宣伝載せれます。
送料のみのご負担ではっぱ新聞を送らせてもらいます。

「はっぱ新聞」ライター紹介。(A5サイズ、8ページ、モノクロです)
じゃんさん:畑の小学校講師、自給農法のスペシャリスト。農をテーマにした記事担当。
ゆにちゃん:二宮式前田整体の整体師、体のことをテーマにした記事担当。
Keiho:旅するミュージシャン、つながりめぐるいのちのわ記事担当。
しょう:ギターと畑を耕すラスタマン、おもしろおかしい人々を取材した記事担当。
かな:道草屋ものづくり係、日々の暮らしをテーマにした記事担当。
ひで:道草屋ごはん係、自給的レシピの記事担当。編集長。


●申し込み、お問い合わせはコチラ。
mitikusaya@hotmail.co.jp

次号は4月の発行を予定しています。よろしくお願いします。


[PR]
# by mitikusaya | 2017-03-23 09:10 | 道草だより | Comments(0)

子連れバックパッカー、マレーシアの旅⑧ペナン島

2017年 03月 22日


ペナン島へ。
前の夜、ごちそうを食べすぎた私は、なんだかしんどくて
宿探しはひでくんにお任せ。
(新しい町に到着すると宿探し班、荷物&子ども班にわかれる)
お腹がいたくて、気持ちがわるい私のために見つけてきれくれた宿は
なぜかトイレが1階にしかないお宿。そして私たちのお部屋は2階。
部屋はダブルベッドが2つでやたら広くて、日当たり抜群の気持ちいいとこ。
まあいいか。

ひでくんが子ども3人連れて、ごはん買いにいって
お金払おうとすると
「no pay no pay」と言われ、レモンジュースももらって帰ってきた。
コンビニに寄ると、レジに並んでたお兄さんが自分が買うチョコを雨種にくれたり
なんかすごいぞペナン。
d0109335_09372441.jpg
中華系の人ってとっつきにくい印象やったんやけど
とにかくやさしくて子ども好きでイメージがガラリ。
ご飯食べてたら、椅子を重ねて高くしてくれたり、
注文したお茶を飲み干すとまた入れにきれくれたり
子ども用におわんをくれと言うと、ごはんまで入ってたり
虹葉の口のまわりがべたべたやと、拭きにきれくれたり
雨種が泣いてると、両手にあふれそうなくらいアメちゃんをくれたり
わらけるくらい甲斐甲斐しい。
宿も安くて、広い部屋が多いし、ごはんの量も多くて、わけわけできる(←これ重要)
子連れにはとってもよいとこです。
毎日なにかもらってたな、こどもたち。

d0109335_09370930.jpg


d0109335_09373969.jpg

町並みはレトロで長屋みたいなつくりになっていて
おしゃれなカフェや宿が並んでる。
(おしゃれなカフェでゆっくりひとりお茶をしたいかーちゃんの願いは叶えられず・・・)
島っぽさは全然ないけど、ジョージタウンは町がぎゅっとしてて
どこでも歩いていけて便利。
お花まみれのインド寺と、ぶっとい線香の中国寺。
暑くなる夕方は、クーラーの効いているフリーバスでぐるぐるしてみたり。
LOVE LEANという通りの宿のまわりは、ちょっとだけカオサンみたいな感じなので
夜中にコンビニにお菓子買いに行ったりできる気軽さで
普段田舎暮らしの私たちにはちょっとうれしい。
大人の夜中のおやつタイム。
d0109335_09370334.jpg
インド人の道端屋台にて。
旅の間ハマっていたテ・タリック(甘いミルクティー)
のみすぎていじょはぶつぶつができました。
d0109335_09371869.jpg
調子が悪かった私をそっと残して
バスで1時間のテロバハンというビーチまでいって砂遊び。
珍道中を繰り広げてきたらしい4人。
雨種もよくあるいて、みんながんばったらしい。
ひでくんもありがとう~。
d0109335_09380366.jpg
宿の近くの中華系ナシチャンプル屋。
子どもも食べれるの多くてやさしいお味。
友近似のおねえさんこどもたちに世話を焼いてくれる。
d0109335_09373229.jpg
かわいいポストカードが売ってるセンスがよいお店。
スタンプが自由に押せてたのしい。
おねえズひたすら押しまくり、なかなか店から出れない。
出しそびれていた年賀状のお返しをここから出しました。

d0109335_09374997.jpg


d0109335_09365804.jpg
d0109335_09474331.jpg
PING SEN HOTEL
◎ファミリールーム(ダブルベッド2つ)45RM(1300円くらい)
ファン トイレ、水シャワー共同、wifi 水、お湯フリー

[PR]
# by mitikusaya | 2017-03-22 16:16 | 道草たび | Comments(0)

sukkuの陶器。

2017年 03月 21日

d0109335_15320029.jpg
お誕生日に買ってもらいましたー◎
sukkuの陶器。
道草屋でお茶を飲んだことがある人はおなじみの
「ちょぼ」が付いたコップです。
(つぼ押しだと聞いたことがある!)
その昔、東大阪で暮らしていた道草屋。
京都のイベントで出店していたときに知り合った白石さん。
陶器で作った動物を売っていた彼はなんと、
家から徒歩5分のところに住んでいたのでした。
そして、道草屋で使っている陶器はその奥様の作品なのです。

ああかわいずぎて、鳥好きにはたまらない。

最近FBでひさしぶりに繋がって
オーダーでお願いして作ってもらいました。
コップは小ぶりなので、朝のお白湯用にしよう。
朝の起きぬけのお白湯をここ1,2年やったりやめたりしている私。
お弁当やら、こどもたちの朝ごはんを準備しながら
立ち飲みしている、ただのお湯になっちゃってるので
(冷めてしまって、もう水やん!ってくらいのときも)
もうちょっとゆったりできますように。
ゆったりしながら、ずずーっとすすってザ・お白湯な感じでいきたいなぁ。

もう今日までですが、7時まで川西阪急さんで展示販売しているみたいです。

お近くのかたぜひー。



d0109335_15320865.jpg
私の大事なものいれ。
d0109335_15321317.jpg
オマケで付いていたブローチ。
きのう団子屋のお姉さんにかわいいねって言われたとこ。
ありがとう。

[PR]
# by mitikusaya | 2017-03-21 15:49 | 道草おきにいり | Comments(0)



食うもの着るもの使うもの、なんでも手作りの道草屋。和歌山美浜町で自給暮らしをしながら、カフェとザッカ屋営んでます。
by 道草屋
■出店、ワークショップの
     ご依頼はこちら↓■
 mitikusaya@hotmail.co.jp
 0738-20-2278

■ホームページ■
道草屋

■”カラコル”■
旅や自給暮らしから生まれたメッセージと軽くてチープなウクレレボーカル。道草屋も参加してます。

■2ndアルバム「おなかtoたび」発売中■
全10曲セルフレコーディングで録った自給暮らしの空気感じる1枚。
視聴はこちら↓
カラコル 「まな板上の世界」

■1stアルバム「光の豆」■
視聴はこちら↓
カラコル 「光の豆」
カテゴリ
全体
道草だより
道草商品
道草しゅっちょう
道草せいかつ
道草たび
道草野菜
道草カフェ
メキシコで子育て。
メキシコ、サンクリのいろいろ。
道草おきにいり
メキシコで出産。
道草屋づくり。
道草子育て。
道草マーケット
アクセス方法、地図
はっぱまつり
道草屋:レシピ
道草保存食のお店
プライベート出産。
未分類
記事ランキング
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
お気に入りブログ
お山カフェとやまびこのくらし
まどかふぇ日記
Love Joy Diary
misitiaおろし屋。...
ブログジャンル
画像一覧


produced by 道草WEBデザインカンパニー