衣・食・住・祭・場・音の手作り、オーガニックな生活を実践する道草屋。 海と山に囲まれた風の村で、暮らしのための、遊びのための、 あらゆるものを生み出しながら、旅するように暮らす日々を送っています。 ウェブショップ→


道草屋も参加しているフリーペーパーユニット「はっぱ新聞」
バックナンバー

● 雑貨とカフェ 道草屋 ●
営業時間
 完全予約制です。
 2日前までのご予約お願いします。
アドレス
 和歌山県美浜町三尾1721-2
電話
 0738-20-2278
カフェメニュー
 コチラ


おつかれさまー。

2008年 10月 03日

一年とちょっと前、新しいイノチを育んで小さな子と一緒におなかからでてきた胎盤。

出産して消耗したお母さんのカラダのために少し切っていただきました。


それから何かほんとにエネルギーのいるときのためにとっておいた胎盤だけれど、

もうお母さんも完全に回復したみたいだし、

小さな子も少し大きくなったし、

引越しだし、

で、元いたところへお見送りすることにしました。


お別れの場所は、お母さんのご先祖さまが眠る和歌山有田の奥深い山の中。

雨が降らないとすぐ干上がる源流のような小川を飛び越えて、

静かな山道を登る。

お墓に花を添えて、お線香をたてて、

ご先祖さまにお母さんのイノチをつないでくれたこと、

新しい小さなイノチをつないでくれたことを、

感謝して祈る。

それから苔の茂った地面をゆっくりゆっくりと、少し大きめに掘りました。

胎盤を埋めるとき。

小さな子は、それが自分を10ヶ月間育んでくれていたことを知ってか知らずか、

静かに見守っていました。


もとのように平らに土をかぶせ、むいてしまった苔もなるべく土の上にのせて、

三人に増えた家族が立ち上がったとき、

新しい生命の誕生にまつわるすべての儀式が終わりました。



こうして三人になった道草屋です。

これからもいろんなモノ、想い、暮らしを作っていこうかなー。

おつかれさま。胎盤。
[PR]
by mitikusaya | 2008-10-03 23:57 | 道草せいかつ | Comments(2)
Commented by チビ at 2008-10-04 18:04 x
引っ越しとな!?
どこぞに行かれるんじゃぁ?

胎盤って、保存できるんや?知らんかったわ。
お疲れさま〜。
Commented by ひで at 2008-10-04 22:22 x
保存っていうか、冷凍してただけ。
お肉と同じ。

引越し先は大阪の実家やでー。
まあ、まだ近いしね。
アオゾラ市行くんでしょ?

<< はっぱ食堂。 はっぱ食堂のちらし。 >>



食うもの着るもの使うもの、なんでも手作りの道草屋。和歌山美浜町で自給暮らしをしながら、カフェとザッカ屋営んでます。
by 道草屋
■出店、ワークショップの
     ご依頼はこちら↓■
 mitikusaya@hotmail.co.jp
 0738-20-2278

■ホームページ■
道草屋

■”カラコル”■
旅や自給暮らしから生まれたメッセージと軽くてチープなウクレレボーカル。道草屋も参加してます。


■2ndアルバム「おなかtoたび」発売中■
全10曲セルフレコーディングで録った自給暮らしの空気感じる1枚。
視聴はこちら↓
カラコル 「まな板上の世界」


■1stアルバム「光の豆」■
視聴はこちら↓
カラコル 「光の豆」
カテゴリ
全体
道草だより
道草商品
道草しゅっちょう
道草せいかつ
道草たび
道草野菜
道草カフェ
メキシコで子育て。
メキシコ、サンクリのいろいろ。
道草おきにいり
メキシコで出産。
道草屋づくり。
道草子育て。
道草マーケット
アクセス方法、地図
はっぱまつり
道草屋:レシピ
道草保存食のお店
プライベート出産。
未分類
記事ランキング
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
フォロー中のブログ
お山カフェとやまびこのくらし
まどかふぇ日記
Love Joy Diary
misitiaおろし屋。...
ブログジャンル
画像一覧


produced by 道草WEBデザインカンパニー