衣・食・住・祭・場・音の手作り、オーガニックな生活を実践する道草屋。 海と山に囲まれた風の村で、暮らしのための、遊びのための、 あらゆるものを生み出しながら、旅するように暮らす日々を送っています。 ウェブショップ→


道草屋も参加しているフリーペーパーユニット「はっぱ新聞」
バックナンバー

● 雑貨とカフェ 道草屋 ●
営業時間
 完全予約制です。
 2日前までのご予約お願いします。
アドレス
 和歌山県美浜町三尾1721-2
電話
 0738-20-2278
カフェメニュー
 コチラ


出産記④◎お家で家族出産編◎

2015年 12月 03日

d0109335_23184717.jpg

お待たせしました。出産編。

安産整体をしてもらったその夜12時くらいにおしるしが!
予定日は10月16日。
つぎの日は、マタニティーフェスタBBQの予定なのにな。
でもま、おしるし来てもすぐ産まれないだろうと
お肉もたんまり買ってあったし、BBQ決行!!やりました。

もう家で産むつもりになってたし、
出生届けもらうための、お腹写真を撮る。
(法務局の人にみせないとダメらしい)

ちょうど家にいた、しょうくんとさおりちゃんは
おしるしにわたわたしてたから、まだやから寝たほうがいいで~と言って
私たちは寝る。

次の日、お昼ぐらいに陣痛らしきものが来ながら
陣痛中はうごきまわりたい派なので
洗濯物したり、お掃除したり。うろうろ。。
(これがいいのか、妊娠中散歩なんかもほとんどしないけど、とっても安産です)

出産前にやりたかったこと。お散歩がてら氏神さまにお参り。
ひでくんと雨種と。
竜王神社の門のとこの落ちてたどんぐり(スダジイ)を
なぜか拾わされる。けっこうきつい。
BBQやりたがってたいじょの帰りを待って4時くらいからBBQ。

おとついの台風で折れた庭の桜の木を
男子たちが削ってくれる。
私たちの胎盤燻製のための桜チップ。
ありがとう。

ちょこちょこ食べながら、6時くらいに部屋へ。
うんちもりもり出始める。

とってもすてきな夕焼けの中、
こどもたちと写真を撮る。
これで産むまでにやりたかったことは完了。


部屋を暗くして、ラベンダーとオレンジの製油を焚く。
陣痛中は、クッションと布団まるめたのにもたれるのがすき。
途中で、製油足したら、アロマポットがあつあつになってて
火柱が!!うぉーおおさわぎ。

お布団で産んでも、お風呂で産んでもいいように準備してたけど
やっぱお風呂か!てなって、気づいたときには赤ちゃんがもう尾てい骨のとこまできてそう。
ああこのぐぐぐっと中からずんずんくるかんじ。
ひでくんが内診したいと言ったので、やってもらうが
なんもわからんかったらしい。なんやそら。

子供たちは、おなかいっぱいで、いつもより早く寝てしまった。
タイミングみはからって、お風呂に移動。

よもぎとトゥルシーと、ウミネコ島のお塩をたっぷりいれて。
暗くしてろうそく灯す。
普通お風呂にはいったら、陣痛がやわらぐ感じがあるけど
もう産まれそうすぎて、そんな感じもなく
いきまず、ぼろんと出てきました。10月10日の夜9時ぐらい。

赤ちゃんは産まれるとき、頭蓋骨をずらしながら回転して出てくる。
回ってるのも感じれた。
最初はおかあさんのお尻側に顔があって
ぐるんとまわって、おかあさんとご対面して出てくるんだよ。
なんてすばらしい初対面。

そして羊膜の袋のまま出てきた、ちいさいちいさいヒト。
顔にパックみたいに羊膜がくっついてたので
急いではがしたけど、のどがゴロゴロしてそうで
呼吸がゼロゼロしていたので、ひでくんが口で吸ってみるもまだゼロゼロ。
少し心配だったので、助産師の友達に電話したら
顔色よさそうやったら心配いらないとのこと。

だいじょうぶそうだね。

落ち着いて、いいタイミングで産まれてきた赤ちゃんはあまり泣かない。

ようこそしきゅうからちきゅうへ。

あー気持ちよかった。
しあわせなお産。
想像してたとおり男の子。


お次は胎盤。
出したいタイミングで出そうと思ってたから
しばらくそのままお風呂につかってみる。
少しいきんだら、どろんとした感覚があったけど
外まで出てこない。どうしましょう。

引っ張るのもこわいし、立ち上がってみると出てきた。出てきた。よかった。
胎盤を入れるものも用意してなかったから、ボウルをとりにいったり、どたばた。
出産時間は、胎盤が出るまでの間をいうらしくて
好きなときに胎盤を出しただけなのに、
胎盤出るまで時間かかったんやねぇ~と言われた。
そうなの?

お塩のお風呂で汗だく。

いじょを起こしに行ったら寝ぼけながらやってきて
お風呂場の入り口に大の字で倒れてる・・・
ああジャマ・・・
産まれるところ、こどもたちに見せたいなーとは思ってたけど
眠いところ起こすこともないし、これもタイミングかな、と。

今回お家でお産してみて思ったことは、
暮らしのなかにお産があって、ものすごくおだやかな日常というか、あたりまえな感じ。
産まれてくる奇跡とか神秘とかそんなのとっぱらって、すごーく普通なことやった。
ごはんを食べるとか、トイレに行くとかの少し上くらい、
むしろ、入学式とか、運動会のほうが特別な日だよな~という気分。

次の日は、おばあちゃんたちがお赤飯を持ってやってきて
ああお祝いなんだなぁ~としみじみした気分。

これがいつもの暮らしのある、お家で家族だけで産むということなのだろうなぁ。
[PR]
by mitikusaya | 2015-12-03 23:14 | プライベート出産。 | Comments(0)
<< 手作りのお財布。 『ふたりのまじまじ』展@アトリ... >>



食うもの着るもの使うもの、なんでも手作りの道草屋。和歌山美浜町で自給暮らしをしながら、カフェとザッカ屋営んでます。
by 道草屋
■出店、ワークショップの
     ご依頼はこちら↓■
 mitikusaya@hotmail.co.jp
 0738-20-2278

■ホームページ■
道草屋

■”カラコル”■
旅や自給暮らしから生まれたメッセージと軽くてチープなウクレレボーカル。道草屋も参加してます。

■2ndアルバム「おなかtoたび」発売中■
全10曲セルフレコーディングで録った自給暮らしの空気感じる1枚。
視聴はこちら↓
カラコル 「まな板上の世界」

■1stアルバム「光の豆」■
視聴はこちら↓
カラコル 「光の豆」
カテゴリ
全体
道草だより
道草商品
道草しゅっちょう
道草せいかつ
道草たび
道草野菜
道草カフェ
メキシコで子育て。
メキシコ、サンクリのいろいろ。
道草おきにいり
メキシコで出産。
道草屋づくり。
道草子育て。
道草マーケット
アクセス方法、地図
はっぱまつり
道草屋:レシピ
道草保存食のお店
プライベート出産。
未分類
記事ランキング
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
お気に入りブログ
お山カフェとやまびこのくらし
まどかふぇ日記
Love Joy Diary
misitiaおろし屋。...
ブログジャンル
画像一覧


produced by 道草WEBデザインカンパニー